新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方

KBS 2TV新月火ドラマ『君も人間か』で1人2役に挑戦することになったソ・ガンジュンのアルパゴ(人工知能)ビジュアルスチールカットが公開された。外見は同じだが、雰囲気は違う二人のナムシンのためソ・ガンジュンは「二つの作品で二つのキャラクターを演じると考えて勉強した」と。

6月4日初放送する『君も人間か』(脚本チョ・ジョンジュ、演出チャ・ヨンフン、制作君も人間か文化産業専門会社、モンスターユニオン)は欲望でいっぱいな人間界へ飛び込んできた人工知能(A.I.)ロボットナムシンⅢが、誰よりも人間味溢れた人間の女性カン・ソボン(コン・スンヨン)と出会い、真の愛と人間らしさについての答えを探していくAIヒューマンロマンス。ソ・ガンジュンは劇中ナムシンⅢと財閥3世の人間ナムシンという二つのキャラクターを演じる。

公開されたスチールでは誰がロボットで、誰が人間なのかという疑問を超え、比較できないカッコ良さでカムバックを期待させたソ・ガンジュン。「ナムシンⅢは人間よりも更に人間的な、人間を愛する純粋なロボットで、ナムシンは幼い頃から世の中と壁を作って生きてきた財閥3世」という説明で好奇心をかきたてる彼は「ロボットという素材が難しくも恐ろしくもあったが、挑戦してみたかった。生きている中で‘いつ生命体ではない無機体を演じることができるか’という思いが一番大きかったようだ」と『君も人間か』を選んだ理由を伝えた。

これまで公開された二つのTeaserを通して、ナムシンⅢとナムシンそれぞれの魅力を細かく活かしながら1人2役の演技に期待を高めるソ・ガンジュン。「当初から二つの作品に二つのキャラクターを演じると考えて勉強した」と「キャラクター間の妥協を見る点や衝突する点があり苦労する時もあったが、いろいろな面で学んだ点が多かった。」と付け加え、人間より更に人間らしく完全無欠なナムシンⅢとわざと事故を起こし、会社の仕事と無縁なトラブルメーカーのナムシンそれぞれの活躍に関心を高めた。

一方、「君も人間か?」と尋ねたくなる世界、人間よりも更に人間らしい人工知能ロボットの対国民人間詐称プロジェクト『君も人間か』は『ベクヒが帰ってきた』を演出したチャ・ヨンフン監督と『王女の男』を執筆したチョ・ジョンジュ作家が意気投合した作品だ。『私たちが出会った奇跡』の後続として6月4日月曜日KBS 2TVにて初放送される。

出処:スポーツ朝鮮