新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方


俳優ソ・ガンジュンが拒むことができない‘イケメンロボット’魅力を発散している。

先日11日に放送されたKBS2月火ドラマ『君も人間か(脚本チョ・ジョンジュ、演出チャ・ヨンフン)』では、火災現場でたくさんの人の命を救い、英雄になった人間よりも更に人間のようなロボット ナムシンⅢ(ソ・ガンジュン)が人間界に本格的に適応していく過程が描かれた。

ナムシンⅢは、事故で意識不明になった人間ナムシンの代役になる任務を何事もなく遂行している最中、事故現場で災害モードが発動し、人間ナムシンのマニュアルに背くことになる危機的な状況を招いた。自分を人間ナムシンらしく教育してくれたヨンフン(イ・ジュニョク)に申し訳なく思いながらも自分を‘英雄、詐欺キャラクター’と呼ぶ世の中の反応に心地良い興奮を隠せなかった。

続いて、ソボン(コン・スンヨン)が訪ねてきて、警護員として雇ってほしいと嘘の涙を流すと「泣抱原(泣くと抱きしめてあげるのが原則です)」に従い、優しいナムシンの姿を見せるも、すぐにソボンの嘘に気付いてウィンクをする姿は見る者の笑いを誘った。

反面、ナムシンⅢの‘純粋さ’は胸を詰まらせた。「人間ナムシンもロボットを好きですか?目覚めたら僕を好きになりますか?」とヨンフンに聞いたり‘友達’であるロボット掃除機に「人間たちが好き?ごめん、難しいことを聞いて」と尋ねるシーンは人間と見た目は同じだが、その中の‘感情’までは似ることができないナムシンⅢを気の毒に思える瞬間だった。

そんな中、ロボット ナムシンⅢを演じるソ・ガンジュンのカリスマと純粋さは拒むことができない反転的な魅力として視聴者たちをときめかせている。また、ビジュアルと眼差し、声のトーンまでナムシンⅢに完璧に憑依し、女性たちの所有欲を刺激している‘ファンタジー男’ソ・ガンジュンへの好評と関心が高まっている。

一方、視聴者たちを魅了する‘イケメンロボット’として熱演が目立つソ・ガンジュンが出演するKBS2月火ドラマ『君も人間か』7,8話は今日夜10時に放送される。


出処:スポーツ朝鮮