新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方


『第3の魅力』ソ・ガンジュンがこれまで見せたことのなかった新しい魅力で出馬意向を示した。

JTBC新金土ドラマ『第3の魅力』(脚本パク・ヒグォン、パク・ウニョン / 演出ピョ・ミンス / 制作ImagineAsia / JYP PICTURES)は、特別でないが自分の目には輝いて見えるお互いの‘第3の魅力’に落ちた二人の男女、オン・ジュニョン(ソ・ガンジュン)とイ・ヨンジェ(イ・ソム)が20歳の春、27歳の夏、32歳の秋と冬を共に過ごす恋愛の四季を描いた12年の恋愛大叙事詩だ。9月28日に初放送を控え、制作陣は二次元リアル模範生オン・ジュニョンとして完璧に変身したソ・ガンジュンのスチールカットを公開した。

ソ・ガンジュンが演技するオン・ジュニョンは必要以上に計画的で繊細で、だから敏感な二次元のリアル人間。ファッションとはかけ離れていて、気が利かない男のジュニョンは、大学の新入生の頃に頭数を揃えるためやむを得ず行った人生初の合コンで、お節介で声の大きいヨンジェ(イ・ソム)と出会い運命的な恋に落ちる予定とのこと。

今日(12日)に公開された写真では『第3の魅力』が描く12年の恋愛大叙事詩の一歩を踏み出す20歳のリアル模範生ジュニョンの姿が収められていた。黒縁メガネと定規をあてて切ったようなおかっぱ頭が印象的なジュニョン。写真でなんだかツンとして見える表情の理由について関係者は「可愛く飛び出た口元に矯正器具まである。まさに俳優ソ・ガンジュンの破格変身」だと耳打ちをし、初放送に対する期待が高まる。

何よりもソ・ガンジュンは、20代を代表するイケメン俳優として最近ドラマ『君も人間か』でロボットと人間を行き来する演技をこなし‘顔面アルパゴ’と呼ばれたこともある。前作とは全く違う魅力で今年の秋お茶の間を引き付ける彼の変身に成り行きが注目される。

関係者は「初めての撮影当時、ソ・ガンジュンの変身があまりにも破格的なので制作陣も驚くほどだった。二次元リアル模範生である20歳のジュニョン、そしてそれよりも成熟した27歳と32歳まで絶え間なく変化する魅力で視聴者たちに近付くことだ」とし、近付く初放送への期待感を高めた。

一方、『第3の魅力』は映画『風邪』のパク・ヒグォン作家と、映画『素晴らしい一日』のパク・ウニョン作家が共同執筆し、ドラマ『フルハウス』、『彼らが生きる世界』、『ホグの愛』、『プロデューサー』のピョ・ミンスPDが演出を務める。人気放送中の『私のIDは江南美女』の後続として9月28日金曜日、夜11時にJTBCで初放送される。


出処:スポーツ朝鮮